アクセスと民宿ロビンソンの周囲について

民宿ロビンソン              〒901-3403 沖縄県島尻郡座間味村字阿真144番地
                                  TEL.098-987-2676

アクセス

ビル外観

那覇空港からの場合

 那覇空港から、直接お越しのお客様は、タクシーを利用することをお薦めします。タクシーに乗られましたらフェリーざまみをご利用のお客様は、行き先を「とまりん」とお伝えして下さい。また、高速船のクイーンざまみをご利用のお客様は、「泊港の北岸の高速船乗り場」とお伝え下さい。(高速船乗り場は、とまりんから徒歩10分ほど歩いた場所にあるため、時折、きっぷを買ったのに乗り遅れるということもあります。きっぷは、北岸のきっぷ売り場で買えます。(ご注意: 渋滞することもありますので、時間に余裕をもたれた方がよいです。) ゆいレールをご利用のお客様は、美栄橋駅(みえばしえき)で、下車して下さい。そこからは、徒歩15分位で 「と まりん」につきます。「とまりん」は、国道58号線沿いにある大きい建物なのですぐにわかります。

※ 一部のクイーンざまみ、フェリーざまみは、阿嘉島経由で座間味島に到着しますので、間違えて阿嘉島で下船しませんようご注意下さい。もし下船されてしまった場合は、村内航路をご利用下さい。

※ 船の予約を必ずして下さい。予約は、2ヶ月前から受付しています。なお、座間味村のアイランダーズの会員に申し込みされますと、2ヶ月1週間前よりネットで予約出来ます。船の予約をおとりになりましたら座間味港までお迎えに上がりますので、必ず宿までご連絡下さいますようお願い致します。


 

渡嘉敷島と阿嘉島からの場合

 渡嘉敷島からは、村内航路みつしま(1日2便)をご利用下さい。
※この船は、オンデマンド運航です。必ず前日までに予約して下さい。予約していないと運行していない日がありますのご注意下さい。

 阿嘉島からは、村内航路みつしま(1日6便、ただし、2便目と5便目は、オンデマンド運行ですので、渡嘉敷島に行き来するお客様の予約がないと運行しておりませんのでご注意下さい。)フェリー座間味、クイーンざまみ2便目をご利用下さい。

〇 詳しくは、座間味村のホームページをご覧下さい。http://www.vill.zamami.okinawa.jp/info/pricelist.html

※ 問い合わせ、乗船予約は、午前10時から午後17時まで座間味村役場那覇出張所℡098-868-4567    今月と来月の船舶の運航ダイヤについては、座間味村のホームページでご確認できます。

レンタカーごと乗船する場合とレンタカーを泊港に駐車して乗船する場合

〇 レンタカーを座間味島まで乗り入れたい場合は、あらかじめ「フェリーざまみ」の予約をとる必要があります。

〇 レンタカーを泊港に駐車してから、乗船する場合は、とまりんの駐車場を利用することをお勧めいたします。     ※とまりんの駐車場は、駐車するのに時間がかかりますので、時間の余裕をもたれたほうがいいです。

〇 車の大きさによってフェリーの料金が違います。座間味村のホームページでご確認して下さい。http://www.vill.zamami.okinawa.jp/info/pricelist.html

 

民宿の周囲について

 弊社は、阿真地区に位置しております。阿真地区は静かで穏やかな景色が広がる阿真ビーチがあります。阿真ビーチ沖はアオウミガメの餌場となっております。タイミングがあえばとアオウミガメと一緒に泳ぐことが出来ます。阿真ビーチは民宿から徒歩約3分の所にあります。また、阿真ビーチは、遠浅なので、小さいお子さんも、 海水浴を楽しむことが出来ます。遊泳はブイの範囲となります。 珊瑚や魚を見たい方は、無人島や古座間味ビーチをお薦めしております。 阿真地区は、座間味地区に比べて何もない田舎の雰囲気と自然を身近に感じることが出来る集落です。 何もない良さをあじわって下さい。夜、晴れていて月が昇らなければ、満点の星空(天の川)も見ることが出来ます。ヒメボタルや夜光虫も見ることが出来ます。


阿真部落にあるお店屋さん

◎  パーラーとしちゃん:沖縄そば、おにぎり、カレーライス、かき氷、さーたーあんだぎー、豚丼など 

◎  パーラー海の茶屋 :沖縄そば、アイスクリームやかき氷や生ビール、ぜんざいなど

 

阿真ビーチから見える夕日

 秋から春にかけてビーチから夕日が見えます。夏の期間は、稲崎展望台や神の浜展望台まで行かないと夕日を見ることが出来ません。展望台には、レンタルバイクや、レンタサイクル、レンタカーで行かれた方がいいです。また、島内観光をしたい方は、登り下りの激しい道路ですので、特に夏の期間は、自転車よりは、バイクや車でいかれることとをお勧めします。(自転車ですと、ちょっとしたトレーニングです。)